■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症


■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。
視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。




■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:2019-11-15

今日はなんとなく思った事を書きますね

シェイプアップしていると、
なかなか思うように体重が減らない停滞期がつきものですが…

シェイプアップだけでなく、
仕事や好きなことをやる時でも
せっかく大きな決断と行動力で「最初の一歩」を踏みだしたのに、
その歩みが進められなくなるような、
いわゆる「スランプ」の状態ってありますよね?

これは、どんなに優秀な人でも、どんなにポジティブな人でも、
どんなに行動力がある人でも訪れます。

「シェイプアップにおける停滞期」と同じくらい、
いやそれ以上の確率で必ず遭遇するものです。

通常、このような状態が来ると
「僕はもうダメなんじゃないか?」
「僕は継続力がないからダメだ!」
「周りが○○だからダメなんだ」
などなど、自分を卑下したり、周りのせいにしたりします。

でも考えてみてください。
自分を卑下して、まだやってみてもいないことを諦めてしまったり、
周りのせいにして行動しなかったり…
そんな人生、楽しくないですよね?

ですから、
シェイプアップで一時期体重が減らなくても、
自分の心と体を見つめるようにしましょう!

「なんでいま、こんなにお菓子が食べたくなるんだろう?」
「なにを食べたら体重が増えるんだろう?」
「どういう体操なら僕もやれるんだろう?」
などといった事を考えて、行動すれば、
「自分の個性」が見えてくるはずです。

その個性を生かして、シェイプアップに繋げ、
楽しくシェイプアップをできる方法を考えている過程こそが、
大きな収穫・成果をもたらすと思います。

日々、楽しいシェイプアップを実践して、
シェイプアップの停滞期なんて、
笑いながら乗り越えましょう!
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

★メニュー

■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックを選ばない理由が見つからない