■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない



■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではないブログ:2017-8-16


減量をするなら、
食べる事について注意を払うことが必要になってきます。

まず減量の基本として、
脂肪分と糖質を、
いかに食べないようにするかがカギになります。

脂肪分については、
摂取したものが体脂肪という形で貯蔵されていきますから、
減量中は控えるべきなんですよね。

揚げ物などの料理を
減量中は、あまり食べてはいけないということは、
なんとなくイメージすることができるでしょう。

でもね、
糖質も、あまりに大量に食べてしまうと
体脂肪に変化をしまうんですよ!

肉体の中に糖質が取り込まれると、
インスリンというホルモンが体内に吸収しようとします。

インスリンは、糖質を体内に吸収するときに、
体脂肪という形に、糖質を一度合成し直してしまうんですよね。

かつて、
低インスリン減量というのが、
注目されたことがあります。

低インスリン減量は、
インスリンの特質をヒントに考案された減量なのです。

糖質と聞くと、「甘いもの」というイメージを
持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

実際、ショートケーキやお菓子なんかは、
糖質を多く含んでいます。

しかし糖質は、お菓子や甘いものだけではなく、
炭水化物にも多く含まれているんですよ!

炭水化物というと、
ごはんやパンといった、
あたくしたちの主食に多く含まれています。
ですから、なかなか量を減らすのは難しいかもしれません。

減量中は、
ごはんやパンの代わりに
野菜をたくさん食べるなどして、
空腹を他の食材でごまかすという方法を探ってみましょう。

■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

★メニュー

■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックを選ばない理由が見つからない