■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。
視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。

 

 



■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:2019-9-14

あたくしは、30代最後の誕生日に
お子さんと主人にお願いして、
たった一人きりで旅に出かけました。

それは「今の生活が嫌になったから」というわけではなく、
「自分にとって何が当たり前になっているのか」知りたかったから…

最近は、
仕事やプライベートでも泊まりで出かけることが少なくないけれど、
自分にも家族やまわりの人にも、意識的に許可をいただいて、
純粋に自分のためだけに、自由に選んで、自由な時間を過ごすというのは、
あたくしにとって初めての経験でした。

その日見た夢は、とても不思議な夢でした。

分娩台でいきんでいるお母さんが産もうとしているのは、
どうやらあたくし自身で、その様子を、
大人になった今のあたくしが見守っているのです。

「お父さんはどこ?」
探してみても、仕事に出かけているようで、産院にはおりません。

父親もお母さんも、お互いに再婚同士。
前の結婚でお母さんは、数回流産した後、離婚しました。
父親もまた、お子さんを授かることなく、一度離婚しています。

そんな父親とお母さんが出会い、結婚し、貧しい暮らしの中で、
はじめてお母さんのお腹に命が宿っているのが分かったとき、
二人とも泣きながら大喜びをしている姿が一瞬垣間見えたかと思うと、

次のシーンで分娩台のお母さんが、
「お父さんががんばって仕事をしてくれているのだから、
この子はちゃんと、元気に産まなければ!」と、
陣痛と格闘しているのです。

長〜い、長〜い、陣痛の波。
そして、誕生シーンを見届けることなく目を覚ましました。

「あ、これは夢だったのね」
目覚めたとき、汗びっしょりのあたくしがいました。

時計を見ると、誕生日の推定誕生時刻とほぼ同じ時間!
あたくしは、生きながらにして、
再び生まれたかのような喜びがこみあげてきました。