■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。
視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。

 

 



■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:2019-7-31

減量に関する商品には
購買欲をかきたてられるキャッチコピーが添えられていますよね。

例えば…
「○○日でマイナス1kg」と具体的な数字を記載しているものや
「○○だけでやせられる」とか
「食事制限なし」「体操なし」のように、
手軽にやせられるような印象を与えるものなどです。

そのような減量商品に飛びつく前に、
少し考えてから商品を選んでみてはいかがでしょうか。

減量商品を購入するであろうという人たちは、
性別・身長・体重・生活様式・基礎代謝と、
すべてのデータが一致する人は存在しないに等しいはずです。

にも関わらず、
どのような人たちがその商品を使用して、
やせることができたデータなのかがさっぱり分かりません。

効果があると仮定しても、
100kgの人が5kgやせるのと、60kgの人が5kgやせるのでは
大きな違いがありますよね。

また、
「○○を飲むだけでやせる」は、
減量サプリや減量食品に
ありがちなキャッチコピーですが、
食事でとりすぎたエネルギーを解消してしまうような
サプリや食品などは存在しません。

単純に考えて、
そんな減量サプリが存在するのなら、
肥満の人は皆無に等しいはずですよね。

減量サプリや減量食品でやせるには
サプリを飲むことで過食を引き起こすような強い空腹を抑えられるとか、
体操能力が向上して、体操時間が増えるなどの効果が必要です。

サプリを飲んでも、
食べ過ぎや日常の体操不足がまったく変わらないなら、
やせる可能性は限りなく低いと考えるべきでしょう!

今日は、ここまで。