■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

視力が低下をしてしまっている方の中には、片方の目だけが低下してしまっている人も多く存在しています。
この低下してしまった片方の目だけをレーシックによって回復させることが出来るのです。両目の視力が同じではないというのは、決して珍しいことではなく多くいらっしゃいます。
コンタクトレンズやメガネを購入する時にも、左右で度数が異なることがあります。そんな視力をレーシックで元通りにしてしまいましょう。 仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。
レーシックで片方だけ治療をすることに抵抗を持っている人も中にはいるかと思います。
しかし片目だけのレーシックというのはごく一般的に行われている手術方法の一つなのです。

 

 



■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではないブログ:2019-5-22

(○・∀-)ノ【゚・*:.。. ☆コンチャ☆

前、長年愛用の自転車がパンクしてしまいました。

わたしの住む家は駅から遠いだけあって環境は良いのですが、
「ちょっとしたウォーキング!?」というくらい
駅から離れているので、
時間がない9時の通勤時には
「自転車が必須アイテム」なのです。

その愛車は実に2年半、
日々日々、
わたしの脚になってくれたのでした。

ある時は会社に間に合わない時に、
ある時は駐輪場がいっぱいで止めれなかった時に、
駅前に放置され寂しく車に乗せられて、遠くの埋め立て地へ…

過去2回も、わたしは
かわいい愛車を探しに行ったのでした。

かわいい愛車は
ホームセンターのオリジナルブランドの
真っ赤な憎い奴です!

そんなかわいい愛車がとうとう疲れてしまった様です。
疲れてしまった彼を治そうか手放そうかふつか程、
9時の駅迄のウォーキングをしながら悩んだのですが、
流石に彼はかなりくたびれていたので、
新しい彼を探しに行く事にしました。

いつも彼が
ウエストがすいた時にウエストいっぱい満たしてくれる
自転車屋さんに、新しい彼を探しにいったのでした。

お店の方は過去何回、彼に新鮮な空気をいれてくれた事か…
買ったお店でもないのに、いつもいつも無料で奉仕して下さいました。
このご時世に「何も言わずに無料奉仕で」

何度かお世話になったお店の方に相談すると、
「うちなら、何かあればすぐ来て下さい。保証はします」と。
お店の方はわたしの事を覚えているハズなんですが、
いつも無料で空気をいれて下さっていた事には触れませんでした。

心の中で本当に思いました。
いつも有難うございます…と。

ニンニン