■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意

レーシックでは、手術が終了した後はしばらく目を積極的に清潔に保つことを意識して生活をする必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。感染症というのは、レーシックの手術を実施したことの副作用であったり、拒絶反応というわけではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。 レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。
レーシックの手術を行った後は、手術をした切り口が落ち着くまで意識的に目を清潔にしておきましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。

 

 

携帯買取、今すぐアクセス
http://mobi-ecolife.com/



■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意ブログ:2019-10-10

減量に成功して
目標の体重に到達すれば、嬉しい限りですが…

目標体重に到達したからといって、
元通りの食事に戻してしまえば、
おそらく確実に体重は増えてしまうでしょう。

逆に、今までの減量生活を続けていけば、
自分の理想としている体型よりも細くなってしまいます。

なので、減量は
目標点に到達したあとが「厄介」なんですよね!

よく「リバウンド」という言葉を耳にします。

痩せたことに安心して、
元通りの食事に戻したら、
結果体重が増えてしまったというやつですね。

減量した直後というのは、
不安定な状態となっています。

ですから、ごはんを食べすぎると
すぐに体重にあらわれてしまいます。

リバウンド対策として、
僕が実践しているのは
「こまめに体重計に乗る」ことです。

コンスタントに体重計に乗ることによって、
自分の体重の増減を理解することができます。

たとえ体重が増えたといっても
こまめにのっていれば、大した増量ではないはず。

ですからリカバーしようと思えば、
容易に取り返すことができる体重の増え方なんですよね。

だいたい、
リバウンドの恐怖というのは
ひと月程度続くのが一般的です。

ひと月を過ぎて、理想の体重をキープすることができれば、
おそらく元通りの食事に戻しても
問題はないでしょう。

というのも、
自分の肉体が初期化を果たすからです。

そして情報の再入力を行い、
今の理想的な体重の状態を
「通常」という風に認識をするからです。

このように減量というのは
ただ単に体重を減らすことだけが目的ではありません。

減らした体重の状態を、
いかに長いことキープし続けるかが、
減量のカギになってくるのです。

さあご飯食べよ〜っと。