■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意

レーシックでは、手術が終了した後はしばらく目を積極的に清潔に保つことを意識して生活をする必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。感染症というのは、レーシックの手術を実施したことの副作用であったり、拒絶反応というわけではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。 レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。
レーシックの手術を行った後は、手術をした切り口が落ち着くまで意識的に目を清潔にしておきましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。

 

 

携帯買取、今すぐアクセス
http://mobi-ecolife.com/



■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意ブログ:2019-7-10

こんばんわです^^

このところ、
「体の脂肪を燃焼させる」というキャッチフレーズで
アミノ酸飲料が流行っていますよね。

実際、スーパー・コンビニなどの店頭には、
アミノ酸の種類・量が異なるアミノ酸飲料が
ずらりと並んでいます。

価格も普通のペットボトル入り飲料とほぼ同じなので、
「どうせ飲むなら…」と買われる事もあるかと思います。

とは言え…
アミノ酸を体の中に取り込むと、
脂肪燃焼酵素である「リパーゼ」が
まず初めに活性化されます。
 
リパーゼは
体に溜まった脂肪の分解をはじめます。
 
分解された脂肪が
血液中に送りこまれます。

そこで
有酸素運動をすることによって
脂肪を含んだ血液が筋肉に流れ込み、
体の脂肪がエネルギーとして燃焼するんです。

つまり、
アミノ酸を摂取しただけでは
脂肪が燃焼することはなく、

体に溜まった脂肪を燃焼させるためには、
運動する直前にアミノ酸を飲み、
30分以上の有酸素トレーニングが必要なのです。

また、
アミノ酸は20種類ほどあり、
それぞれに特徴があって、体への役目も異なります。

各飲料メーカーから販売されているアミノ酸飲料は、
アミノ酸の種類や量が少なかったりということもあるので、
「減量に効きそうだ」とか、
「脂肪が燃えそうだ」という
先行したイメージで
減量効果を期待しすぎないようにしましょう。

一方、アミノ酸飲料は
電解質バランスがよく体に吸収されやすいので、
風邪をひいた時・疲れた時・トレーニングの前の
水分補給といった飲み方がおすすめです。

ただ、
アミノ酸飲料には糖分も含まれていますので
飲みすぎると、
減量の妨げになりますよ!

・・・と、こんな事書いてみる