■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切


■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切ブログ:2019-7-19


「首が痛い」「ヒザが痛い」「こしが痛い」

これらは全て結果であり、
原因はその部分にはない場合がほとんどです。
打撲などの外傷の場合は別ですが…

ですから、原因が何かを考えずに、
痛めた部分を処置するだけでは、再発するのは当然です。

からだは、偏った使い方で酷使されると、
痛みによってその動きを制限しようとします。

痛みが出るのは、原因の部分とは限りません。
足指の歪みで首に痛みが出ることもあります。

つま先からヒザ、こし、胸、首、頭…と
からだは非常に精密にできていて、
全てがつながっています。

それでは、からだに痛みが出たときは
どうすればいいのでしょうか?

からだに痛みが出た場合、
痛いところが悪いとは限りません。

しかしわしたち人間は、
痛みがあるとすぐに解消したくなります。

確かに、早く患部の痛みが無くなった方が、
気分はよいかもしれません。

しかしいずれ、
同じことが原因で痛みが再発してしまいます。
対症療法では、「問題の解決」にはならないのです。

問題を解決するには
「正しいからだの使い方ができるようになること」
が大切なのです。

からだに何か問題が起きたら、
原因は何かを考えてみましょう。
痛みはからだからのサインなのですから…

からだの一部を酷使しませんでしたか?
長時間、正しくない姿勢で過ごしていませんでしたか?

からだの問題を原因から解決するには、時間がかかります。
からだの歪みは、その人が何十年もかけて作り上げてきた、
動きのクセの集大成なのですから、仕方ありません。

それでも
根本的な原因を解消しなければ、
快適な連日を過ごせませんよ!



医師 求人の詳細
http://www.m-forest.jp/

アレキサンダーアンドサンは当サイトへ
https://www.expedia.co.jp/Alexander-And-Baldwin-Sugar-Museum-Hotels.0-l6152665-0.Travel-Guide-Filter-Hotels

床暖房の最新情報
https://www.ichijo.co.jp/technology/element/floor/

親鸞会
http://www.shinrankai.net/