■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療


■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療ブログ:2019-6-07


あたしの娘は、
今バスケットボールのチームに入っています。

そのチームは、
他の町のチームとの試合で惨敗が続いていました。

その日も負け試合で、
突然、娘は「やめたい」と言い出しました。

あたしはその日の試合を見ていなかったので、
見にいった主人に経緯を聞いてみると、
娘の出番はなく、試合の後、
泣き出してしまったということでした。

コーチの考えが分からないわけではありません。
でも、それが現実なのです。

しかし
娘の気持ちを思うと、
親としてなんと言って励ましていいのか…

「お母さんと一緒に練習しよう…」と
娘に話しかける他ありませんでした。

その時のあたしはまだ、
どうして娘が泣いたのか、本当の理由を解っていませんでした。
努力をすれば何とかなると思っていたのです。

しばらくして、
その日の試合は勝ち、
娘もそれなりのプレーをしました。

それなのに、
娘はまた「やめたい…」と言い出したのです。

あたしは、娘が今まで語っていたことの中に
何かもっと大切なことを見落としていることに気付きました。

娘の心はさびしく、孤独だったのです。

「コーチに認めてもらえない」「チームに必要とされていない」
という思い込みがすっかり娘の自信を奪い、心とからだが頑なになり、
動けなくなっていたんです。

あたしは娘の練習に付き合いながら
「自分のドリブルをもっと信じて」
「自分のパスをもっと信じて」
「自分のシュートをもっともっと信じて」
「自分のプレーにもっと自信を持って良いのよ!」
と娘の心のネジを巻きました。

中野慎介ナビ
http://www.e-kami.or.jp/kenaf/round/41994.html

川元誠一についてのサイト
http://demo.jamas.or.jp/api/opensearch?q=%5B%90%EC%96%7B%90%BD%88%EA%5D/AU

LAKUBI(ラクビ)ならこちら
https://mote.tokyo/12064

小笠原 クルーズおすすめ
https://www.best1cruise.com/user_data/p/jpn_ogasawara.php

ブライダルフェア 東京
https://www.andaztokyo.jp/wedding/fair/